ホーム > 武道用品の取扱い上の注意

武道用品の取扱い上の注意

武道用品をお買い上げ頂きまして有り難うございます。
この武道用品は、全武道規格を中心に各種安全規格に基づいて製作されたものです。正しい使用方法にてご使用いただければ、本来一番安全なスポーツである「武道」を十分にお楽しみ頂けます。製品の使用に当たっては、下記取扱注意書きを良く理解して頂き、ご不明な点が有ればどのような事でもお買い上げ店に御相談頂き、事故の原因につながる安易な改造を絶対にされないようお願い申し上げます。

面(めん)

(用途)剣道以外での使用はお断り致します。
剣道をする時、頭部に着装する物で、竹刀での打ち、突きより頭や顔を保護する為の道具です。

<警告>
下記事態の発生時は販売店に御持参下さい。

  • 面金の物見(一番広い所)は15ミリ以下ですが、広がると竹刀の突入の可能性があり危険です。
  • 面会の縦、横の棒が曲がっている物は危険です。
  • 金属で面金の接合部分を叩いて異音のした時、面金部分のどの部分でも破損した時は上記理由で危険です。
<注意>
販売店に御持参ご相談下さい。

  • 顎のぐらぐらした物、布団と顎の接続部分の破損した物、2種類(内垂れ、突き垂れ、用心垂れ)が外れそうな物は竹刀で喉を突かれる可能性があり、修理が必要です。
  • 火打ち(天地)が外れそうな物、顔のサイズが合わない物は、顎、額が面の中に正しく収まらないと物見部分より目線が定まらず相手がよく見えず、修理が必要です。
  • 間違った着装や取り外し方法、顎を曲げたり、面金の中に異物を入れると面の機能が果たせず注意が必要です。

胴(どう)

(用途)剣道以外での使用はお断り致します。
剣道をする時、胸部に着装する物で、竹刀での打ち、突きより胸部や腹部を保護する為の道具です。

(取扱い注意)
販売店に御持参ご相談下さい。

  • 胴台の竹や合成胴台が破損した物は、竹や破損した胴台が皮膚に触れ切傷をする可能性があり、修理が必要です。
  • 胸の折れ、破損変形、綴じ革、胸、胴乳草(紐を縛る草)胴緑草、の破損は胴が体から外れるおそれがあり、直に竹刀で打ち、突きを受ける可能性があり修理が必要です。
  • 竹刀以外の物で胴を叩いたり胴の上に乗ったりして、対剣道の圧力以外の過重を掛け胴を破損させないで下さい。

剣道衣、袴(けんどうぎ、はかま)

(用途)剣道をする時着用する物で、剣道の激しい動きに対応し、吸汗皮膚の保護の目的の為使用する。

(取扱い注意)
販売店にご相談下さい。

  • 洗濯時の縮みに注意し、短くなると露出部分が増大して保護部分が減少するので購入時にご相談下さい。
  • 袴の長い物、踵を踏んで転倒する事もありご注意下さい。
  • 藍の抗菌解毒性や傷の化膿止の為、わざと染料を色落ちさせていますから、洗濯は他の物へ色移りにご注意下さい。

胴(どう)

(用途)剣道以外での使用はお断り致します。
剣道をする時、胸部に着装する物で、竹刀での打ち、突きより胸部や腹部を保護する為の道具です。

(取扱い注意)
販売店に御持参ご相談下さい。

  • 胴台の竹や合成胴台が破損した物は、竹や破損した胴台が皮膚に触れ切傷をする可能性があり、修理が必要です。
  • 胸の折れ、破損変形、綴じ革、胸、胴乳草(紐を縛る草)胴緑草、の破損は胴が体から外れるおそれがあり、直に竹刀で打ち、突きを受ける可能性があり修理が必要です。
  • 竹刀以外の物で胴を叩いたり胴の上に乗ったりして、対剣道の圧力以外の過重を掛け胴を破損させないで下さい。

小手(こて)

(用途)剣道以外での使用はお断り致します。
剣道をする時、手に着装して竹刀を振り、打ち込み時腕や手首、拳を保護する為の道具です。

<警告>
下記事態の発生時は販売店に御持参下さい。

  • 指部分がはみ出ている物は突き指の可能性があります。
  • 小手頭の芯材が無い物は拳の打撲の可能性があります。
    <警告>
    販売店に御持参修理ご相談下さい。
  • 手の内草の破損時は指がはみ出す恐れがあります。
  • 革の破れは芯材の飛散、紐の破損は保護部の露出、サイズの不適は振りが出来ず上記可能性があります。

垂(たれ)

(用途)剣道以外での使用はお断り致します。
剣道をする時、胴の内側の腰部に着装し、竹刀での打ち、突きより腰部や大腿部を保護する為の道具です。

(取扱い注意)
販売店に御持参ご相談下さい。

  • 大垂れ、小垂れが帯より外れそうな時、紐の切れそうな時、垂れと帯の止め部分の破損時は修理が必要です。

木刀(ぼくとう)(杖、薙刀を含む)

(用途)剣道以外での使用はお断り致します。
武道の「素振り」「塑」の演技や練習の為の道具です。

<警告>
改造は絶対に止めて下さい。

  • 人や物を直撃すると致命傷を与える、渉合があります。
  • 素振りでも武道以外は、人や物に向けないで下さい。
  • 個人での加工は折れる恐れがあり危険です。

漆塗り(天然漆塗り)

漆塗り胴、漆塗り両線草、漆塗り皮革には、毒性、危険有害性ありません。

(取扱い注意)
体質によりかぶれる場合があります。

  • かゆみを感じたらすぐ使用を止めて下さい。
  • かぶれたと感じたら、患部を植物油で拭いた後石鹸で良く洗浄し、医師の診断を受けて下さい。

柔道衣(じゆうどうぎ)

(用途)柔道をする時着用する物で、柔道の激しい動きに対応し、吸汗、皮膚の保護の目的の為使用する。

(取扱い注意)

  • 洗濯時の縮みに注意し、短くなると露出部分が増大して保護部分が減少し試合規定にも合わなくなるおそれがありますので購入時にご相談下さい。
  • 柔道衣はいつも清潔にし、他の人との貸借りはやめましょう。
  • 使用前に破れ、ほつれ等がないかチェックし、見つかった場合すみやかに補修して下さい。
    破れたところに相手の指などがはいって思わぬけがをする場合があります。

帯(柔道帯、空手帯、菖気道帯、少林寺拳法帯)

  • 帯は色落ち、縮みの原因となりますので、洗濯はしないで下さい。

居合刀(いあいとう)

模範刀をご購入されたお客様には、十分な管理をお願い致します。もしも、これを怠りますと生命にかかわる重大な事故となる可能性があります。(剣道形用も含む)

  1. 武道以外の目的での使用は絶対におやめ下さい。
  2. 下記のような場合は、直ちに使用を中止し、販売店あてに修理をご依頼下さい。
    刀身部に深い傷がついた場合、衝撃により折れる可能性があります。
    また浅い傷についても金属疲労の原因となりますので修理または刀身交換の対象となります。

目くぎ(柄の部分にある、刀身を固定するための竹製の釘)について

目釘についても、綾んでいないか、また折れていないか確実に点検をして下さい。もしも破損をしたまま使用しますと刀身が抜けて危険です。
修理は絶対に自分でせず、販売店に修理をご依頼下さい。ご使用の前には、必ず周囲に危険のない事を確認の上、素振りを行い刀身がカタカタと緩んでいないか確かめて下さい。棲んだまま使用しますと抜けてしまう可能性があります。必ず販売店にご修理をご依頼下さい。

*使用前の点検を必ず習慣にして下さい。

薙刀(なぎなた)

  • 物見からの異物の進入、外からは見えないが包輪の腐食等による破損には充分注意して下さい。
  • 一年に一回あるいは使用頻度が多い人は半年に一回、また長年使用されなかった面を再び使用する場合は販売店で点検を受けて下さい。

  • 胴とじ草やへり草が切れた時、胴台が曲がってしまった時、姦竹にササクレが生じた時は使用をやめ修理して下さい。

小手
  • 薙刀具の中で一番傷みやすいので稽古の後は風通しの良い所で陰干しをして下さい。

  • 大垂れ、小垂れが帯より外れそうな時、紐の切れそうな時、垂れと帯の止め部分の破損時は修理して下さい。

薙刀
  • 練習前、切先や石突のたんばのゆるみ、刀部の竹のささくれ、柄の曲がりを確認して下さい。

薙刀衣
  • 洗濯時の縮みに注意し、短くなると露出部分が増大して保護部分が減少するので購入時にご相談下さい。

*袴の長いのも踵を踏んで転倒する事もありご注意下さい。

空手(からて)

製品につきましては、品質、管理等に万全を期しておりますが、本製品を十分に熟知され、機能をご理解いただいた上、誤った使用方法による事故を防ぐとともに安全のためより良い状態で維持・管理をお願い致します。
異常がある時は使用をやめ、お買い上げ販売店に製品を持ち込み、ご相談・修理をお願い致します。自分での修理はなさらないで下さい。

空手衣 (用途) 空手をする時着用する物で、空手の激しい動きに対応し、吸汗、皮膚の保護の目的の為使用する。

  • 洗湛時の縮みに注意し、短くなると露出部分が増大して保護部分が減少するので購入時にご相談下さい。
  • 空手衣はいつも清潔にし、他の人との貸借りはやめましょう。
  • 着用前に破れ、ほつれ等がないかチェックし、みつかった場合はすみやかに補修して下さい。破れたところに相手の指などがはいって、思わぬけがをする場合があります。

空手フルコン防具(からてフルコンぽうぐ)

  • 間違った取り付方法をすると防具としての機能が果たせずけがをする場合があります。

グローブ
  • 草の破損時は指がはみ出す恐れがあり思わぬけがの原因になります。着用前には可必ず防具の点検をし、悪い所は修理して下さい。

空手用品
  • サンドバッグ・キックミット・ヌンチヤク・杖その他空手用品につきまして人や物に直撃すると致命傷をあたえる場合があります。
    空手古武道のみに使用して下さい。

くれぐれも武器としての使用はしないで下さい。また、使用する前は必ず点検して下さい。
少林寺拳法(しょうりんじけんぽう)

プロテクター(ヘッドギアー)
  • 少林寺拳法以外には使用しないで下さい。
  • 品質管理等に万全を期しておりますが、本製品は全ての傷害を防ぐものではありません。
  • 頭部へ直撃すると死傷につながる危険もあります。また仮に防具を着用していても直撃すると致命傷を与える危険もあります。正しい指導と知識のもとで防護用品をフルセットで着用下さい。

*不明な点があればあなたの指導者または御買上店にご相談下さい。

道衣
  • 少林寺拳法の修練時に着用する物で、激しい動きに対応し、吸汗、皮膚の保護の目的の為使用する。

  • 洗濯は冷水をご使用下さい。
  • 漂白剤(特に塩素系)は使用しないで下さい。
  • 使用後は出来るだけ早く汗を水に浸した後洗濯して下さい。
  • 水などに長く浸したままにしないで下さい。生地が弱くなる原因となります。
  • 他の洗濯物特に中漁色の物と一緒に洗わないで下さい。
  • 表面が尖った物の上でこすったりしないで下さい。
  • 乾燥機の使用は避けて下さい。

竹刀(しない)

(用途)剣道以外での使用はお断り致します。
剣道をする時、小手を付けて竹刀を振り、打突部位へ正確に打ち込む為の道具です。

<警告>
改造は絶対に止めて下さい。

  • 竹刀は全剣道連通達値を厳守して製作してあります。
    先端を細く削ると、面金に突入の恐れがあり危険です。
  • 先端径や重量値が適合値でも、個人で竹を加工したり、部品(特に先芯等)を抜いての使用は危険です。
<注意>
販売店に御持参ご相談下さい。

  • 竹刀は使用前に、割れ、ささくれ、先草の破損、指で押さえて先芯、中締め、弦、柄草等を必ず点検下さい。
  • 稽古の最中でも、竹割れや異音が発生した時は直ちに使用を中止して、竹刀全体を注意点検して下さい。
  • 長期使用の竹刀については竹の経年劣化にご注意下さい。